やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「ル*ル*ルプログラム」稲刈り

小学生等農業体験事業
「ル*ル*ルプログラム」
稲刈り

  (一財)神戸市学校給食会では、未来を担う子どもたちに多様な経験の機会を提供するため、学校給食用の食材を「育てる」「収穫する」「食べる」を体験する農業体験事業「ル*ル*ルプログラム」をJA兵庫六甲・農業生産者・地域・神戸市等との協働で実施しています。
  この日は、西区櫨谷町の農業生産者の小池潤さんの指導のもと市立五位の池小学校と市立盲学校の児童50人が「稲刈り」を体験しました。

〇実施日
  平成30年10月25日(木)
〇参加小学校
  市立五位の池小学校(長田区)47人
  市立盲学校(中央区)18人
〇場 所
  神戸市西区櫨谷町
〇主催(協働事業)
  JA兵庫六甲神戸西・農業生産者(学校給食部会)
  ・地域・神戸市・神戸市学校給食会

農業生産者 小池さん

今回参加した子どもたちは同じ場所で、6月に田植えも経験済み。農業生産者の小池さんから、米作りの話、鎌の使い方等も教わり稲刈りに挑戦。引率のスクールサポーターのお兄さんも一緒に収穫に汗を流しました。

刈り取った稲穂を脱穀機に運んだ後、コンバインでもみになるところも見学できました。

防災教育も兼ねて小池さんが用意してくださった利用済の缶に、炊きつけ用の「松ぼっくり」と燃料には籾殻を入れ新米を炊く体験もしました。子どもたちは、初めての体験に目を輝かせて「僕、大きくなったら、米づくりするねん!」との発言も飛び出しました。おいしい新米ごちそうさまでした。

PAGE TOP