やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「神戸っ子おにぎりプログラム」おいしいおにぎり作ったよ!

神戸っ子おにぎりプログラム  神戸市立中央小学校

給食会では、11月19日、中央小学校5年生を対象に、藤原一幸氏(北区淡河町の兼業農業生産者)を講師に迎え、               同小学校と協働で食育・地産地消推進事業「神戸っ子おにぎりプログラム」を実施しました。

農業生産者から「お米」の話

子供たちは、藤原氏から、早朝の田んぼで、稲の花が開く瞬間の素晴らしさやコメづくりへの思い、秘伝のおいしいコメの炊き方等について貴重なお話をたくさんお聞きすることができました。

日本の伝統食
「おにぎりづくり」に挑戦

給食会から、学校給食で使用している「神戸産の米」「兵庫県産の味付けのり」を提供。
栄養教諭の指導のもと、子供たちは、兵庫県産のちりめんなどを具材におにぎりをつくり、味付けのりを巻いておいしく食べました。

PAGE TOP