やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

給食のイチおぃしぃ

兵庫県産小松菜コロッケ

6月17日、神戸市の中学校給食にて「兵庫県産小松菜コロッケ」が提供されました。兵庫県産小松菜となっていますが、小松菜はほぼ全量が神戸市産です(安定供給のためにこのような表記をしています)。これは学校給食納入業者が、学校給食用に開発・提案したオリジナルの食品です。給食に登場するのは昨年に引き続き2度目。

今年度からデザインを刷新したランチボックス。食材の彩りが映えます。

小松菜といえば、兵庫県内における神戸市での生産量が高い野菜で、給食での地産地消率もトップクラス。カルシウムなどの栄養価が高く、育ち盛りの子どもにもぴったりの食材です。この小松菜コロッケは、1回の提供につき、全体でおよそ100kgの小松菜を使用。さらに低アレルギー対応を徹底、化学調味料と添加物は不使用、原材料の国産化など、おいしさだけでなく安心・安全にも配慮して作られました。

開発を担当した学校給食納入業者によると、子どもたちの好みに合わせた小松菜の配合割合や形状を模索、何度も試作と試食を繰り返し完成したそうです。今後は使用する小松菜の分量を増やし、より一層の「地産地消」に貢献したいとしています。現在は中学校給食での提供ですが、今後は生産体制の拡充を図り、小学校給食での提供も視野に入れています。

(一財)神戸市学校給食会では、学校給食用として特別に開発された食材を積極的に採用している他、学校給食納入業者、農業生産者、JA、地域、神戸市との協働で地元産の野菜等を使用した加工品の開発にも力を入れており、地産地消を積極的に推進しています。

今回は東灘区・向洋中学校を訪問、昼食風景を撮影させていただきました。先生方にはご指導の合間を縫ってご協力いただき感謝申し上げます。

PAGE TOP