やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

地産地消の推進

地産地消の推進

地産地消の推進

学校給食を食育の生きた教材として活用するために、市内産生鮮野菜の使用に努めるなど地産地消に積極的に取り組んでいます。

品  目
内  容
生鮮野菜 1. 小学校・義務教育学校(前期課程)、特別支援学校給食使用実績(29年度)
19.6%(246t/1,255t全体)
市内産野菜の使用状況(13品目/24品目中)
チンゲン菜、キャベツ、青ネギ、白菜、なす、ほうれん草、水菜、
小松菜、ジャガイモ、玉ネギ、人参、白ネギ、ブロッコリー
2. 中学校・義務教育学校(後期課程)、給食使用実績(29年度)
21.7%(30.9t/142.7t全体)
市内産野菜の使用状況(7品目/11品目中)
ナス、人参、チンゲン菜、キャベツ、白菜、玉ネギ、青ネギ
小学校給食・中学校給食とも市内産100%
海 苔 「須磨のり」を使用
その他加工品 市内産ワイン用ブドウを使用した「神戸ぶどうゼリー」「神戸ぶどうジャム」
市内産キャベツを使用した「ミンチカツ(市産キャベツ入り)」
市内産ジャガイモを使用した「コロッケ(神戸産ポテト入り)」
市内産玉ねぎ(規格外)を使用した「神戸玉ねぎミンチカツ」

*地産地消率が高い生鮮野菜(上位5番まで) (小学校・中学校給食)

順位
青果名
市内産使用量
市内産使用率
1
小松菜
31,680kg
89.0%
2
水菜
4,375kg
88.4%
3
ほうれん草
6,034kg
65.6%
4
キャベツ
99,310㎏
57.3%
5
ブロッコリー
2,777kg
48.2%

第15回こうべ食育フェア

PAGE TOP